しーちゃんが夜にひとりでお留守番をしたら・・・

昨夜は、地区の集会にとぅちゃんが出かけることになっていたのに
母上さまも町内の集まりに出かけなければならなくなり…。
おシゴトから急いで帰っても、少しばかりの間は、
しーちゃんがひとりでお留守番をしなければならなくなりました。

帰宅したら、1階のソファーで待っていた様子のしーちゃん。
自分のお外のスペースにも出られるようにもなっていましたが、
大人しく、ソファーに居た様子。

実質的には、1時間ほどひとりでお留守番をしていたことになるんだけど、
まぁ、犬なんだし、お留守番くらい・・・と思っていたのは飼い主。


帰宅した母上さまは、出かける時に『いってくるね』と声をかけても
伏せたまま、顔も上げずにジッと我慢をしているようなしーちゃんの姿が
可哀想で仕方なかったと涙目で語る・・・。

長年、自称犬嫌いで犬を迎えるにあたって賛成などしたことがなく、
『飼えば良いじゃない…』的な同意・・・な、母上さまがね。。。と、
そのコトの方がビックリよ・・・(汗)


朝も涼しくなって、お散歩から帰るとお外のスペースに行くんだけど、
何かにつけて、暖かくなるまでお家に戻ってきたり・・・。
雨でも降れば、『雨、雨よ~~』と言わんばかりに家の方に向かって
お知らせしてくれる・・・のは、早くお家に入れて貰おうという下心満載!

メイプルさんやプリズムさんもそれなりの環境で生活させていたけれど、
しーちゃんのさらに上を行くような待遇に日々、進化していくような…。
[PR]

by dalmania-y | 2011-09-26 22:10 | 飼い主のつぶやき

<< オリジナルで作って貰った【しー... しーちゃん、ハッピー!?バース... >>